不倫

おすすめサイトランキング

99point不倫
らぶらぶメール

らぶらぶメール

セキュリティのしっかりしている安全な不倫サイトです。女性の人気も高い今一番オススメのサイトです。

詳しくはこちらから

94point不倫
出会いひろば

出会いひろば

出会いが見つかるまでサポートしてくれるので必ず理想の不倫相手が見つかるサイトです。

詳しくはこちらから

86point不倫
SWEET LINE

SWEET LINE

近所で不倫相手を探したい方にオススメのサイトです。好きな地域を入力するだけで簡単に相手が見つかります。

詳しくはこちらから

一般的な不倫相手とは違います

違います家庭の主婦が収入アップを目指してパートに出ようと思っても、なかなか良い職業がありません。
知人の保険外交員に誘われ、頑張り次第で高収入となる外交員になります。
最初は先輩と2人で回り勧誘の仕方を勉強し、ノルマは先輩の契約をいただき何とかクリアしていきますが、回る先も無くなってきて厳しいセールスとなります。
偶然訪問したお宅で契約が決まりそうになり、教えてもらった押しの一手で夜にも伺い、いつしか身体の関係、つまり不倫の関係となります。
保険外交員は家族構成や財産の全体像を知ることができるため、一般的な不倫相手とは違います。
加入者のためになるのであれば貯蓄や利回りを考え、更なる保険を進めることができます。
身体の関係をもった不倫相手であるからこそ、信頼を得て財産管理を任せてくれます。
儲けが実感できると子供や親せきまで紹介してくれて、徐々に加入者が増えていきます。
ここで保険外交員としての彼女は大きな決断をすることになります。
家族のために働くはずが、仕事とはいえ不倫を重ねている自分のおこないを止めるか、さらに加入者を増やして家計を助けるために新たな不倫相手を作るのかを迷うのです。
答えはひとつ。
外交員として加入者増員を図ることにして、次の不倫ターゲットの物色を始めることになります。
不倫の条件は一つ、健康で高額保険に加入できる人を探すことになります。

不倫としてセックスフレンドになるのは理想なのか

理想なのか

ある男性が働いていた職場で、パートで働いていた39歳の人妻女性がいました。
仕事の上では男性のほうが女性の部下ということで、一緒に働いていたのです。
彼女の態度は真面目なもので、ていねいに仕事をしてくれるので、男性のほうも彼女のことを頼るようになりました。
そして、残業をすることも多くなっていき、二人で一緒に遅くまで残る、というようなことも増えて言ったのです。
残業をしたとき、終わりの時間が遅くなってしまったために、男性が女性を家まで送り届けることにしたのです。
そんな生活が、三ヶ月ほどはずっと続いていき、遅くなれば彼女を家まで送り届ける、というものでした。
またあるとき、毎日頑張っている女性を労うためにも、彼女を食事に誘ってみることにしたのです。
男性としては、軽く昼食を食べてそれを奢ってあげる、くらいの気持ちでいたのですが、彼女の反応は違いました。
それなら、夕食をおごってもらえたら嬉しいといってきたのです。
そのときちょうど、彼女の旦那さんが出張をしていて、夕食を作って一人で食べるのも嫌だから、ということでした。
そうして一緒に夕食を食べたのですが、そのあとのドライブの最中、なんとなく良い雰囲気になったのです。
そのタイミングでラブホテルの近くを通りかかり、男性がつい冗談で入ってみようかといったところ、なんと彼女は頷いたのです。
そうして肉体関係を持ってしまったのですが、その関係はそれからもたびたび続くようになりました。
仕事ではそんな素振りは見せないのに、それが終わればセックスフレンドのような関係になるということも不思議なものですね。

不倫関係もセフレの一つにあたります

セフレの一つ

不倫という関係は、よく名前の知られたものであるかと思いますし、知っている人も多いことかと思います。
この不倫は、すでに結婚をしている人のどちらかが、まったく別の人と恋愛関係を持つ、ということになりますね。
ただの体の関係だけの場合でも、不倫に含むこともありますし、むしろそちらのほうが多いかもしれません。
相手に対してセックスしか求めていない不倫の場合、これもセックスフレンドに含まれることになるでしょう。
不倫については、何よりも気をつけなければならないのは、その関係が誰かにばれてしまうということを防ぐことです。
もしセフレとの関係が他の誰かにばれて、それが回って自分のパートナーに伝わることになったら、その時点で離婚ということになってしまうかもしれません。
そういったリスクが、当然ながら不倫という関係には存在していることになる、ということを意識しておきましょう。
ですが、そういったスリルがあるからこそ、不倫は楽しめるということを考えている人もいるかもしれませんね。
恋人の場合には別れるというだけで問題が終わることもありますが、離婚となるとかなり大問題になります。
トラブルになり、修羅場になることもあるかもしれませんので、軽く考えるのはやめておきましょう。
また、これが不倫ではなく、お互いが独身の場合には、セックスフレンドから恋人になるということもあります。
あくまでお互いが恋人になることを最終的には求めるという場合であり、どちらかがそれを求めていないのであれば、そうはならないでしょう。
セフレとのやり取りには、携帯でいつでも気軽に連絡できるようにしておく、というのが一番ですね。

そこまでトラブルになることはない

トラブル

不倫という関係も、これもセックスフレンドに含めることができるかと思います。
セックスフレンドといえば、お互いに独身の人が関係を持って、セックスを楽しむというイメージがあるかもしれません。
不倫という場合には、どちらかがすでに結婚をしているということになるから、この言い方が使われることになりますね。
しかし、たいていの不倫の場合も、やっていることとしては特にセックスフレンドと変わったところはないかと思います。
中には、相手に対して本気で恋愛感情を持っていて、本来のパートナーとは別れたいと思っている場合もあるかもしれません。
ですが、そうではない場合にはあくまでセックスだけを楽しむためにセフレとして続けている、という場合が多いのではないでしょうか。
不倫ということになると、もしその関係が発覚してしまったときには大変なことになってしまうことでしょう。
独身の場合であれば、セックスフレンドというのもそこまでトラブルになることはないかと思います。
しかし、既婚者の場合の特徴として、かなり慎重に関係を持つということがあるでしょう。
ばれてしまったら大変なことになりますから、ばれないように最大限の注意を払って行動をすることになるためです。
お互いに家庭を持っている不倫関係の場合には、その傾向はさらに強くなるかと思います。
お互いの生活を壊したくないために、かなり慎重にばれないように、不倫をすることになるのですね。
これが、一定の距離を保っていなければならないというセックスフレンドのルールに、ぴったりと当てはまることになります。
不倫も、セックスフレンドというものと同じものだといえるでしょう。

仕事のトラブルが原因で

原因

仕事のトラブルが原因で不倫騒動が起こった例があります。
少し前のことになりますが、急激に景気が悪化して経費の使い方について官民挙げて考えるようになっていました。
民間企業には無駄な経費を合理的に削減するコストカッターと呼ばれる人が現れます。
世にいう首切り役で、無駄と思われた社員はドンドン首にしていきました。
当然のごとく不採算性部門はコストカットの対象になり、一括して大幅な人員削減が行われるかもしれません。
そこでコストカッターが着任する前に、人脈を頼りに移動を願い安全な場所にと移動します。
ボーダーラインにいる女性職員のなかには、上司との不倫を重ねて、それをネタに切り抜けたツワモノがいます。
直属の上司との不倫で自分の地位を確立し、上席の飲み会に同行できるようになり、不倫相手も含めて残留組のお願いをするのです。
新たな不倫でつかんだパワーで次々に不倫を重ねて、やがては人事権を持つものにまで行き着きます。
どんなにコストカットが盛んになっても人事部からは退職者は出ないのです。
挙句、人事部から生産部門や営業部門に栄転する人事までありました。
彼女も不倫人脈を使って最初の所属先上司を部下に持った女性キャリア第一号となったのでした。

Copyright© 2014 アシュレイ・マディソンよりオススメの不倫SNS All Rights Reserved.